主開閉器契約のために開発・製造された特別な電子ブレーカー"N-EBシリーズ"

GRコンサルティングヘッダー境界線
ホーム > 商品のご紹介 > 商品案内

商品のご案内

電子ブレーカー【N-EB】

私たちの主な取り扱い商品はN-EBという電子ブレーカーになります。
電子ブレーカーとは何か、どのようなメリットがあるのかを説明します。

電気の種類

皆様が普段お使いの電気は、その使用目的・用途によって、大きく2つに分かれます。

電気の種類のご紹介。従量電灯とは、一般家庭向けコンセントや照明などに使用される電気。100v、単相とも。低圧電力は、工場などの大きな機械を動かすための事業用電気。200v、三相とも。
Page Top

電気の料金体系

  • 電気料金は、主に毎月固定で課金される基本料金と、毎月の電力使用量に応じて課金される使用料金で構成されています。
  • 従量電灯は使用料単価が割高であるのに対し、低圧電力は「基本料金単価が割高」になっています。
  • 低圧電力の基本料金は基本料金単価×契約容量で決定するため、契約容量の引き下げが基本料金の削減につながります。
低圧電力料金イメージのご紹介。基本料金単価×契約容量で決定する低圧電力の基本料金は割高になっており、契約容量の引き下げが基本料金の削減につながります。
Page Top

負荷設備契約と主開閉器契約

低圧電力の基本料金を決定する契約容量は、電力会社との契約によって決まります。

負荷設備契約は、工場にある機械のモーター容量の総合計が契約容量になります。

負荷設備契約の場合…

契約容量は、工場にある全ての動力設備のモーター容量によって決まってしまいます。そのため、実際には稼働していない機械や稼働率の低い機械の分も、毎月基本料金に加算されてしまいます。

主開閉器契約は、稼働時の最大電流を制限できる大元のブレーカー容量が契約容量になります。

一方、主開閉器契約の場合…

契約容量は、大元に設置するブレーカーの容量によって決まります。そして、大元のブレーカーは実際に機械を使用した時に流れる電流値に合わせて設定できるため、より稼働状況に合った容量での契約が可能となります。

Page Top

電子ブレーカー N-EBシリーズについて

主開閉器契約においては、大元のブレーカーの容量が重要となります。

  • 通常のブレーカーの場合、稼働時にブレーカーが遮断しないよう、最大電流以上の容量が必要となり、主開閉器契約にしても契約容量が下がらないか、下がったとしても下げ幅が小さくなってしまいます。
  • 一方、電子ブレーカーN-EBシリーズは、主開閉器契約のために開発・製造された特別なブレーカーで、ブレーカーに流れる電流値と、その流れる時間とを正確に計測・制御するCPUを内蔵しており、従来のブレーカーにはない緻密な動作特性を実現しました。
  • そのため、過負荷となる電流値とその時間を測定することで、必要な容量は確保しながらも、最小限の容量での契約が可能となります。
通常のブレーカーと、主開閉器契約のために開発・製造されたN-EBシリーズ電子ブレーカーとの電流値の違い。
Page Top

どのくらい削減?

上記の例で、負荷設備契約25kWからN-EB20Aを導入し主開閉器契約7kWに変更した場合の基本料金を見てみましょう。※関西電力管轄とする。

負荷設備契約25kWからN-EB20Aを導入し主開閉器契約7kWに変更した場合の毎月の基本料金は、トータルで17,596円削減されることになります。
  • N-EBシリーズ導入後は、削除された基本料金の中から、システム代(調査・申請・設置工事等導入に必要な一連の手続き費用すべて含みます)として毎月お支払い頂きます。
  • 契約期間(契約形態により異なります)終了後には、削減額全額がメリットとして毎月皆様のお手元に残ることになります。
  • なお、初期費用をかけることなく資金を有効活用できるリースや、現金での販売等、皆様のニーズに合わせた、販売形態をご用意しています。詳しくは営業担当にお問い合わせ下さい。
溶接業のお客様例のご紹介。負荷設備契約で申請を出しますと37kW契約(36,169円)となります。従来のブレーカーであれば全同時稼働で105Aの電流値が流れる為、125Aのブレーカーが必要となります。よって43kW契約(42,034円)となります。N-EBであれば動作特性表と比較して機種設定をすると33Aのブレーカーが必要となります。よって11kW契約(10,753円)となります。
  • 負荷設備契約で申請を出しますと37kW契約(36,169円)となります。
  • 従来のブレーカーであれば全同時稼働で105Aの電流値が流れる為、125Aのブレーカーが必要となります。よって43kW契約(42,034円)となります。
  • N-EBであれば動作特性表と比較して機種設定をすると33Aのブレーカーが必要となります。
    よって11kW契約(10,753円)となります。

動作特性表はこちら

電力単価は関西電力単価で計算しています。全て同時稼働するものとして算出しています。力率は全て90%で計算しています。アンペア数は概算で算出しています。
Page Top
  • 会社概要
  • 採用情報
  • サイト利用規約
  • 個人情報の取り扱いについて
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
Copyright ©GR consulting, Inc. All Rights Reserved.